翻訳会社とは?

翻訳会社というのは、外国語を日本語に、また、日本語を外国語に変換してくれる会社のことです。海外との取引をする際には、言葉の壁が立ちはだかることがあります。その壁を取り払ってくれる存在として、多くの人たちに愛用されています。グローバル化が進む現代日本においては、注目度も右肩上がりです。

翻訳者と通訳者は異なる?

翻訳者は主に文章の変換を請け負う

翻訳と通訳は似て非なるものです。まず翻訳ですが、これは基本的に文章の変換をすることを指しています。海外の小説を日本語に訳すことは、翻訳であって通訳ではありません。翻訳者はしたがって、文章を取り扱う仕事だと考えて差し支えありません。

通訳者は現場で人と人との間に入ることが多い

通訳は一般的に、話し言葉をその場で変換していくことを指します。そのため、通訳者は現場に赴いて、人と人との間に入って仕事をするケースが多いです。オンライン通訳なら自宅ででも作業ができますが、一般的には外に出て仕事をすることになります。その意味でも翻訳者との差は大きいです。

取引をスムーズにする【翻訳会社が引き受けてくれる仕事】

PC操作

翻訳会社のサービス内容

指定した言語への翻訳が、翻訳会社の基本的なサービス内容となります。ただ、小説を面白く翻訳するのと、ビジネス文書をシンプルに翻訳するのとでは、文章変換の仕方も変わってきます。目的に合わせて最適な変換を依頼することができるのが普通です。また、多言語翻訳に対応をしている会社なら、希望するすべての言語に一斉変換してくれて便利です。世界を相手にビジネスを展開する際には、大きな味方になってくれます。すでに翻訳された文章に間違いがないかチェックするサービスもあり、利用者は急増中です。

男女

翻訳を専門の会社に依頼する必要性

簡単な翻訳だけなら、自分一人でもすることはできるでしょう。最近は優秀な翻訳アプリも登場しています。それらを使っていけば、外国語がほとんどできなくてもあまり問題はありません。ただし、ビジネスで使う文書に関しては、翻訳を専門としている会社に依頼をするのが理想です。なぜなら、ビジネスで使う文書にはミスの混入が許されないからです。言葉が一つ間違って使われているだけでも、信用を失ってしまうケースはあります。最悪大きな経済的損失に繋がることもあるため、お金がかかったとしても質の高い翻訳会社に依頼するのがベストです。

勉強

英語以外の様々な言語に翻訳できる

世界を相手にビジネスをする場合は、英語を使うのが一般的です。ただし、最近は英語以外の言語を使う必要に迫られる場合も増えてきました。特に中国語の需要は伸び続けています。もちろん、スペイン語やフランス語などを使わなければいけないシーンも数多く出てくることでしょう。その際には、英語以外の言語に対応した翻訳会社が役に立ちます。幸い、日本の大手翻訳会社は基本的に多言語に対応してくれています。中には相当にマイナーな言語に対応してくれている会社もあるので、心配はいりません。

翻訳会社を利用したことがある人の声

旗

ネイティブスピーカーにチェックしてもらえて助かりました(29歳/女性)

私が利用した翻訳会社には、優秀なスタッフが揃っていました。優秀な日本人スタッフのみならず、その言語が使われている国で生まれ育ったネイティブスピーカーがいたのが大きな安心感に繋がりました。ネイティブスピーカーはスラングの翻訳まで正確なので、ネットの声を翻訳する際には強みを発揮します。

広告募集中